首頁
動態
文章
百科
花園
設置
繁體中文
  

ビワの育て方

玲儿
2017年07月12日
ビワの育て方・栽培方法
育て方のポイント
栽培環境・日当たり・置き場
日光を好むので、庭植えの植えつけ場所、鉢植えの置き場ともに日当たり良好な場所を選びましょう。
水やり
鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底の穴から少し流れ出るくらいたっぷり与えます。庭植えの場合は、品種や土質にもよりますが、夏にひどい日照りが続くような場合は水やりが必要です。



肥料
庭植えは、2月に有機質肥料か速効性化成肥料を元肥として施します。鉢植えは、2月、6月、9月に有機質肥料か速効性化成肥料を施します。
病気と害虫
庭先では、問題になる病害虫はほとんどありません。
病気:がん腫病、灰斑病など
前者は主に枝や幹に発生し、被害部は枯れ込みます。後者は葉に淡褐色の斑点ができます。

害虫:モモチョッキリ(モモチョッキリゾウムシ)など
果実に穴をあけますが、早めに袋かけをすれば問題ありません。
用土(鉢植え)
一般的な市販の用土を用いる場合は、赤玉土小粒7~8、腐葉土3~2の配合土を用います。
植えつけ、 植え替え
適期は2月から3月中旬です。根詰まりを防ぎ、通気をよくするのが目的で、鉢の大きさ、生育具合にもよりますが、通常2~3年に1回は必要です。
ふやし方
つぎ木:タネをまいて育てた台木につぎ木します。適期は2月から3月です。

主な作業
剪定:8月から9月が適期です。枝を下垂するように誘引すれば、どんな樹高の低い木でもつくれます。
摘蕾、摘果:摘蕾は花房が肥大し、花蕾のまとまり(段)がわかるようになってから行います。大果品種では下の2段、‘茂木’などの中果品種では4~5段を残して折り取ります。

摘果は実どまった果実の肥大がはっきりしてくる3月下旬から4月上旬に行います。‘田中’など大果品種では1果房に1~2果、‘茂木’などの中果品種では4~5果残してほかは摘み取ります。
袋かけ:摘果が終わったら袋かけをします。袋には新聞紙などを用います。
0
0
文章
評論
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* 僅支持 .JPG .JPEG .PNG .GIF
* 圖片尺寸不得小於300*300px
還沒有人評論,快來搶沙發!
剛剛 回复
最新文章
推薦文章
相關文章
2017年07月12日
0
0
2017年07月12日
0
0
2017年07月11日
0
0
2017年07月12日
0
0
舉報反饋

您有什麼意見或建議,歡迎給我們留言。

請輸入內容
下載綠手指APP

掃二維碼,下載綠手指APP,手機上查看更多內容٩(๑>◡<๑)۶

二維碼

打開APP掃二維碼,直接查看他的主頁

切換語言
設置
VIP
退出登錄
分享

分享好文,綠手指(GFinger)養花助手見證你的成長。

請前往電腦端操作

請前往電腦端操作

轉發
插入話題
提醒好友
發布
/
提交成功 提交失敗 最大圖片質量 成功 啊哦!出了點小問題 轉發成功 舉報 轉發 顯示更多 文章 求助 動態 剛剛 回复 邀你一起尬聊! 表情 添加圖片 評論 僅支持 .JPG .JPEG .PNG .GIF 圖片尺寸不得小於300*300px 最少上傳一張圖片 請輸入內容