首頁
動態
文章
百科
花園
設置
繁體中文
  

リンゴの育て方

玲儿
2017年07月14日
リンゴの育て方・栽培方法
育て方のポイント
栽培環境・日当たり・置き場
日光を好むので、庭植えの植えつけ場所、鉢植えの置き場とも日当たり良好な場所を選びましょう。
水やり
鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底の穴から少し流れ出るくらいたっぷり与えます。庭植えの場合は、品種や土質にもよりますが、夏にひどい日照りが続くような場合は水やりが必要です。



肥料
元肥を庭植えは11月から2月に、鉢植えは2月に、追肥を庭植えは9月に、鉢植は5月と9月に施します。庭植えでは、元肥、追肥とも化成肥料(チッ素N‐リン酸P‐カリK=8‐8‐8など)を用いますが、化学肥料は最小限度に抑えて、できるだけ堆肥などの有機物を施すことが大切です。家庭で出る草や生ゴミなどを有効に利用しましょう。鉢植えでは、元肥には有機固形肥料を、追肥には緩効性化成肥料を用います。
病気と害虫
病気:斑点落葉病、腐らん病、黒星病、うどんこ病、モニリア病など
斑点落葉病は葉に小斑点ができ落葉する、リンゴの致命的で最も重要な病気です。腐らん病は、枝幹を侵す厄介な病気。黒星病は、葉や果実を侵します。うどんこ病は、主に葉や新梢に発生します。モニリア病は、葉や花が侵されて褐変し、いわゆる葉腐れ、花腐れになります。いずれの病気も薬剤防除だけでなく、被害を受けた葉や花、枝の切除、落ち葉の徹底した処理が大切です。また、樹勢の維持などふだんから管理・作業に注意することも大切です。

害虫:キンモンホソガ、シンクイムシ類、アブラムシ類など
キンモンホソガは最も注意の必要な害虫で、幼虫が葉に侵入し、葉肉を食害するため葉が育ちません。シンクイムシ類は、果実や新梢に侵入食害する重要な害虫です。アブラムシ類では、特にリンゴコブアブラムシは薬剤を散布して防除することが大切です。
用土(鉢植え)
水はけ、水もちのよいことが大切で、この条件さえ満たせば、土はあまり選びません。一般的な市販の用土を混合して用いる場合は、赤玉土小粒7~8、腐葉土3~2の配合土を用います。
植えつけ、 植え替え
鉢植えの植え替え適期は11月から3月です。根詰まりを防ぎ、通気をよくするのが目的で、鉢の大きさ、生育具合にもよりますが、通常2~3年に1回は必要です。
ふやし方
つぎ木:3月に切りつぎをしてふやします。

主な作業
剪定:リンゴは成長が落ち着き、下垂した枝によい果実がつきます。剪定は、整枝が重要で、夏場伸長する枝は、不要な枝を間引いたり、誘引、切り詰めなどを加えて行って整理することが大切です。適期は7月から8月です。
花芽は1つの芽の中に花房と枝になる芽を含む混合花芽で、主に枝の先端につきます。そのため、冬の剪定では強い切り詰めは避けます。適期は1月から2月です。
人工受粉:リンゴは異品種を並べて植えておけば、自然受粉でも結果しますが、大きくて品質のよい果実を収穫するには、花房の中心花に人工受粉をするのがよいでしょう。
摘果:1果房にたくさん着果するので、中心果に結果した形のよいものを1個残して摘果します。着果が多い場合は、さらに摘果が必要です。

袋かけ:シンクイムシの被害防止のため、袋かけをしましょう。かけない場合は数回の薬剤散布が必要になります。
0
0
文章
評論
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* 僅支持 .JPG .JPEG .PNG .GIF
* 圖片尺寸不得小於300*300px
還沒有人評論,快來搶沙發!
剛剛 回复
最新文章
推薦文章
相關文章
2017年07月12日
0
0
2017年07月12日
0
0
2017年07月12日
0
0
2017年07月12日
0
0
舉報反饋

您有什麼意見或建議,歡迎給我們留言。

請輸入內容
下載綠手指APP

掃二維碼,下載綠手指APP,手機上查看更多內容٩(๑>◡<๑)۶

二維碼

打開APP掃二維碼,直接查看他的主頁

切換語言
設置
VIP
退出登錄
分享

分享好文,綠手指(GFinger)養花助手見證你的成長。

請前往電腦端操作

請前往電腦端操作

轉發
插入話題
提醒好友
發布
/
提交成功 提交失敗 最大圖片質量 成功 啊哦!出了點小問題 轉發成功 舉報 轉發 顯示更多 文章 求助 動態 剛剛 回复 邀你一起尬聊! 表情 添加圖片 評論 僅支持 .JPG .JPEG .PNG .GIF 圖片尺寸不得小於300*300px 最少上傳一張圖片 請輸入內容